綺麗に消毒する方法

当然の話ですが、ワンデータイプのカラコンでないかぎりは必ずケアが必要になります。十分にケアするようにしないと目に悪影響を及ぼす可能性が出てくるので、カラコンを使い始める人は欠かさずにケアをし続けるようにしましょう。では具体的にどのようにしてカラコンをケアしていけばいいのか?という話をしていきます。まずカラコンはけして水洗いしないようにしてください。つまり特殊な洗浄液で洗うことになります。たまに水で洗っちゃう人もいたりしますがそれはとても危険です。また、洗浄液にずっと浸しているだけの人もまったく意味がないので、必ず洗浄液を使いこすり洗いをするようにしましょう。まず主な流れとしては一旦カラコンを洗う前に手をしっかり洗ってください。手が汚いと話になりません。手には見えないホコリやばい菌がくっつくことが多いので、カラコンを触るときには特に注意しないといけません。そして手を洗ったら今度はいよいよこすり洗いをしていきましょう。先ほども言ったように洗浄液のみを使います。指に少量の洗浄液をとり、そこから両面20回ほどこすり洗いしていきます。このときに爪をたてたり、あとは回転するように洗わないようにしてください。それによって破損の原因になることがあります。カラコンは相当丁寧に扱わないといけないので、力強くこすり洗いすることもダメです。やさしく最後までやることがもっとも良いと言えるでしょう。そしたら今度はしっかりすすいでいきます。当然すすぐ際にも必ず洗浄液ですすぐようにしてください。すべてが終わったらレンズケースに洗浄液を投入し、ここで初めてカラコンをひたしてください。そのまま10分程度放置すればすべての消毒作業が終わりです。