目を守るためには

これから初めてカラコンをつけるという人は、自分の目をいたわるためにもまずは眼科から行くことをおすすめします。別に目が悪いという人じゃなくても、眼科で検査を受けるようにしましょう。なぜなら、人によっては涙が不足して実際にカラコンをつけるときにうまくつけられないケースが存在します。涙が出ないのに無理にカラコンをつけると目を傷つけてしまう原因にもなってしまうので、眼科でちゃんとあなたの目の状態を調べてもらいましょう。次に、カラコンをつけ始めてからもずっと定期検査を受けるようにしてほしいと思います。なぜ検査を受けなければいけないのかというと、カラコンをつか始めてから目に変化が起こる可能性があるからです。特に何も違和感を感じなかったとしても実は裏で異常が発生してしまっているなんてことも全然ありえる話なので、目を悪くしないようにするためにも必ず定期検査を忘れないようにしましょう。また、使用時間に関しても十分に気を付けてください。カラコンは残念ながらあまり長時間つけるようなものではありません。長くても数時間程度にとどめておくことが重要です。最大でも8時間が限界と言えるでしょう。ちなみにカラコンをつけたままで寝てしまうこともNGです。カラコンが眼球にへばりついて取れなくなる危険性があります。そうなるとあせってつい目を傷つけるなんてこともあるので、そのまま寝てしまうというのは本当に危ないことだと覚えておきましょう。そして当然ですが初めてカラコンをつけた際に変な違和感がある場合はすぐにはずしてください。無理につけ続けると充血して目に痛みが走るようになります。